五十肩/四十肩(肩関節周囲炎)

五十肩/四十肩(肩関節周囲炎)

五十肩/四十肩(肩関節周囲炎)

料金 アクセス(地図)
喜びの声 スタッフ紹介

こんな「五十肩/四十肩」の症状でお困りではありませんか?

  • 腕が痛くて肩から上にあがらない…
  • 五十肩・四十肩の痛みが長引いてしまっている…
  • 寝ていると、肩が痛くて起きてしまう…
  • 痛みだけではなく、腕のだるさやしびれがある…
  • 肩や腕に痛みがあり、物を持つことができない…
  • 寝返りをすると、肩に激痛が走る…

もう大丈夫です!当院には、五十肩や四十肩でお悩みの方が多く来院さて、改善している事例が数多くあります。

五十肩・四十肩はほっておくと肩が動かなくなったり、痛みが残ってしまうことがあるので注意が必要です。一人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

そもそも【五十肩/四十肩】とは?

五十肩、四十肩はどう言ったもの?

ある日、急に肩に痛みが走ったら、それは「五十肩(四十肩)」かもしれません。※医学的には肩関節周囲炎と呼ばれる疾患です。

一般的に五十肩の原因は

  • 加齢による肩の血液循環の悪化
  • 血液循環の悪化による肩周辺の筋肉の炎症

だと言われています。

肩の筋肉疲労が原因と言われている肩こりとは違い、筋肉の炎症によって痛みが発生するのが五十肩です。

「急性期→慢性期→回復期」という3つの周期があり、それぞれ

  • 急性期(発生から2週間~1か月)
  • 慢性期(半年~1年)
  • 回復期(1年~)

という期間があるのですが、ほっておけば治る・・・という性質のものではありません。ほっておくことで症状が固定化されてしまい、肩の可動域がとても小さくなり、肩が上がらない状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

一般的な整体や整骨院、整形外科での対処法

五十肩の一般的な対処法は?

五十肩になって整形外科に行かれた方は多いと思うのですが、一般的に病院では五十肩に対して、痛み止めの注射や鎮痛剤(飲み薬)や湿布、運動療法や電気療法、リハビリなどを行っていきます。

また、整骨院や整体では、肩の周辺にある筋肉を電気療法や手技でゆるめて、五十肩の症状を改善させようとします。

しかし、痛みがある程度緩和されたとしても、まだまだ痛みが残ってしまっていたり、よくなるまでに長い時間がかかってしまい、「もっと早く改善することはできないのか…」と悩んでいる方が多いようです。

また、徐々に改善されてきてはいるものの「本当に元の状態に戻るのだろうか?」「このまま肩が上がらない状態が続くのではないか」という不安を持っている方が多いのが現状です。

当院での「五十肩/四十肩」に対するアプローチ

当院の五十肩へのアプローチとは?

当院では、五十肩(四十肩)になってしまう原因を、肩関節の炎症だけではなく、「骨盤や体幹の歪み」と「インナーマッスルの低下」だと考えています。

五十肩の施術では、まず肩周辺の筋肉をゆるめていきます。そして、肩関節につながっている「肩甲骨の動き」をよくするための施術を行っていきます。

肩甲骨の動きをよくするために、肩の周りの関節である

  • 胸鎖関節
  • 肩鎖関節
  • 背骨

という3つの関節・骨の矯正を行っていくのです。

また、体のバランスが悪くなっている原因でもある「骨盤の歪み」を取り、体幹を整えてきます。さらに、五十肩になってしまう根本的な原因として、インナーマッスルが弱っている方が多いため、インナーマッスルのトレーニングも行っていきます。

さらに腹圧を高めることで、姿勢がよくなり、内臓の働きも改善するため、五十肩の改善が早まるのです。

期間限定キャンペーン(初回割引のご案内)

期間限定!初回割引キャンペーン

※症状の改善に自信はありますが、「整体は受けてみないと自分に合うかわからな・・・」という方もいらっしゃいます。そこで、「できるだけ気軽に試していただきたい!」という想いを込めて初回限定のキャンペーンを行っております。ぜひこの機会に「あさひ式整体」をお試しください。

ご予約のお電話での問い合わせ

LINEで予約する

※当日のご予約は電話でお願いします。

追伸

痛みやコリは【体からの警告信号】です。そのまま放っておくことで慢性化してしまい、改善までに時間がかかることも・・・。

あさひ鍼灸整骨院では、痛みのないソフトな整体で、肩こりや腰痛だけではなく、他では良くならなかった症状でも改善に導くことができます。

もちろん、痛みやコリを改善するだけではなく、再発を防ぐことにも自信があるので、大船で開院してから10年でのべ17万人以上の方に喜んでいただくことができました。

もしあなたが体の不調でお困りなら、ぜひ一度当院の「あさひ式整体」を受けてみてください。「来てよかった!」と言っていただく自信があります。

ご来院を心よりお待ちしております。

院長署名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加