スタッフ紹介

院長 飯野 晋輔(いいの しんすけ)

治療家を目指したきっかけは、祖父母と一緒に住んでいた事が、きっかけで介護スタッフの仕事をしていた頃、施設に来ていた機能訓練士の方々をみて、
『治療を通じて体の機能を回復させて、その人らしい生活ができるようサポートしたい!』
と思った事です。

私は痛みのあるマイナスの体から、痛み・コリがなくなるゼロの体、そして、ケガや病気をしないプラスの体をつくり、大船地域の皆様の健康寿命を伸ばしていく施術を心がけています。

あなたは痛みやコリが繰り返し、再発していることはないですか?

姿勢分析やインナーマッスルの検査など、当院独自の検査法でしっかりと不調の根本原因を追求して、改善するだけではなく再発も防ぐ『心ある施術』をモットーに仕事をさせて頂いております。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

吉田 健吾(よしだ けんご)

私は高校までサッカーをしていました。大会間近に膝を怪我して治療に通い始めたのが整骨院でそこの先生方をみて、自分も将来スポーツに携われる仕事をしたいと思ったのがきっかけでした。

どの年代の方にも安心して治療を受けて貰うために、技術はもちろん、みなさんとの関わりも大切にしています!

中谷 和輝(なかたに かずき)

自分がスポーツをやっている時にたくさんの治療家の人達にお世話になりました。今度はプレイヤーではなく、痛み抱える選手達をサポートする側にまわりたいと、思いこの業界にはいりました。

今はたくさんの人達に痛みのない健康で楽しい毎日を送ってもられるように一押し一押しに気持ちをこめて治療をしていきます。

横山 遥(よこやま はるか)

治療家になろうと思ったきっかけは学生の時に自分が通ってた接骨院の先生に憧れたって言うのと女性の先生が少なかったからです!

少しでも患者様の抱えている痛みや不安などを取り除けるよう治療だけでなく1人1人との関わりも大切にしています。

佐藤 翔太郎(さとう しょうたろう)

私は学生時代に肘を骨折をしてしまい、大好きなサッカーをする事が出来ない時期がありました。

手術後、リハビリの先生方に曲がらない肘を良くしてもらい好きな事が出来る喜びを教えて頂きました。
次は自分が困っている方をサポートしたいと思ったので治療家の道に進みました。

ケガや身体を痛めている事で

  • 好きな事ができない
  • 趣味を楽しめない
  • 痛くて辛い

などの悩みを早く取り、健康で痛みの出ない身体で生活を送って頂きたいという思いで全力でサポートさせて頂きます。

古石 智弥(ふるいし ともや)

私は中学生の時に寝違えをし、その時母の友人の鍼灸師さんに見てもらったのがこの道にくるきっかけとなりました。

そのころは施術や症状を改善することはお医者さんしかできないものと思っていたので、一度諦めていましたが、ひょんなことから専門学校を卒業すれば出来ると知り、門を叩きました。

髪の毛の細さの鍼で症状が「スコン!」と抜けるのは経験していてもいつもびっくりします。
施術に入り、患者様から「ありがとう」と言ってもらえた時は本当にこの道に来てよかったと思います。

鍼と聞くと「痛い」「怖い」というイメージがあるとは思いますが、何事もまずはチャレンジ!
症状を改善する可能性を掴むのはあなた次第です!

小林 怜司(こばやし れいじ)

皆さん初めまして!
あさひ鍼灸整骨院の小林と申します!
私は高校生の時にお世話になった柔道整復師の先生に憧れてこの業界にやって来ました。
自分もたくさんの怪我を経験しているので、痛みに耐える苦しさはすごく分かります。

少しでも皆さんが笑顔に戻れるように全力でサポートさせて頂きます!

 

望月 昇(もちづき のぼる)

私は、以前建物のメンテナンスをする仕事をしていました。

しかし仕事をしている中で自身の体の不調を感じ、体のケアをする大切さを知りました。
そして体をメンテナンスすることに興味を持ち、この業界に入りました。

今では一人でも多くの方の体を良く出来るよう、力になりたいという想いを持って施術に取り組んでいます。